ブログ

2020年03月20日

40代のゴルフ整体 ~腰痛・ひじ痛~

【腰痛】 前傾姿勢や回旋動作を繰り返すゴルフでは、腰痛でお困りの方も多いです。   また、普段運動習慣やストレッチ習慣がない方は、全身の関節の動きが元々悪いケースも多く、その状態でゴルフスイング(非対称的な動きを繰り返す)を繰り返せば、痛みがでてきても何ら不思議な事ではありません。   腰痛は、全身の関節の動きを整える事が大切です。 特に首、肩甲骨、胸郭(きょうかく)、股関節の動きはよくしときましょう。       【肘の痛み】 ゴルフをしているお客様の中には、肘の外側に痛みを訴える方も多くいらっしゃいます。   肘の外側には、腕橈骨筋(わんとうこつきん)、長撓側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)、短撓側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)、長指伸筋(ちょうししんきん)といった筋肉があり、これらは手で何かを握る(クラブを握る)際には常に頑張って働いている筋肉です。 その為、ゴルフ練習が増えた際など、使い過ぎにより硬くなり、痛みの原因となります。       ゴルフを長く続けたい方、   スコアをよくしたい方、   当サロンが動ける体作りを全力サポート致します!!   トータルボディサポート EBM 住所 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6-21-8白井ビル1F TEL 096-366-9555 当院Facebookはこちら http://on.fb.me/1StrBpJ

smart_phone_3a0210fd
2020年03月19日

20代男性の肩甲下筋(けんこうかきん)がガチガチでした・・・

20代男性のお客様。   専門用語で結滞動作(けったいどうさ)といわれる、この動きが非常に悪くなっていました。   肩甲下筋(けんこうかきん)といわれる筋肉がガチガチに固まっていると、この動きが悪くなります。   この筋肉をしっかりほぐしておく事は、肩の痛み予防としても非常に大切です。   上記の動きが悪い方は、ぜひ当サロンのボディメンテナンスをご利用下さい。     トータルボディサポート EBM 住所 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6-21-8白井ビル1F TEL 096-366-9555 当院Facebookはこちら http://on.fb.me/1StrBpJ

2020年03月18日

【50代女性】変形性股関節症 肩こり 【お客様アンケート画像あり】

50代女性   【お悩み】・変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)・肩こり   約2年間にわたり施術にあたらせて頂きました。 お引っ越しされるとの事で、本日が最終施術になるかもという事でアンケートにもご協力頂きました。 M・S様ありがとうございました。     M・S様の一番のお悩みは、股関節の痛みでした。 アンケートにもお書き頂いているように、先天性股関節症の診断を病院にてうけておられます。     先天性股関節症の方は、関節症がない方に比べ、股関節を安定させる為に「より働いている筋肉」・「硬さがでやすい筋肉」があります。 そこをいかに的確に施術・ケアできるかが当サロンの役割と考え、施術にあたらせて頂いておりました。     M・S様少しはお役に立てたでしょうか?(笑) 少しでもお役に立てたのであれば幸いです。     トータルボディサポート EBM 住所 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6-21-8白井ビル1F TEL 096-366-9555 当院Facebookはこちら http://on.fb.me/1StrBpJ

小殿筋 トリガーポイント-300x218
2020年01月07日

【改善報告】30代女性「お尻~太ももの外側が痛い」

30代女性   【症状】 ・歩いていると、右のお尻~太ももの外側にかけて痛い。   【施術内容】 ・ガチガチだった小殿筋(しょうでんきん)を緩める事で痛みの改善がみられました。     ※小殿筋(しぃおうでんきん)は、お尻にある筋肉の一つ。この筋肉がガチガチに固まると、主にお尻から太ももの外側にかけて痛みがでます。   トータルボディサポート EBM 住所 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6-21-8白井ビル1F TEL 096-366-9555 当院Facebookはこちら http://on.fb.me/1StrBpJ

yjimage5E2E5NRI
2019年12月05日

【美容整体】高齢者を診てきた経験があるからこそ伝えられる事があります。30・40代必見です。

こんにちは、平川です。   本日のブログは内容は、「美容の観点も含めた関節ケア」についてです。   私、以前は整骨院で高齢の患者様も沢山診ていました。その経験も踏まえて、高齢女性に多いヒザの悩みを例にあげて今回は話をすすめていきたいと思います。     では、さっそく・・・     【圧倒的に多い、ヒザの痛みで悩む高齢女性】 高齢女性でヒザの痛みで悩んでいる方は非常に多く、関節変形からいうとO脚変形が圧倒的に多いです。 レントゲンやMRI画像で骨の破壊がひどい方も診た経験があります。 このような変形は急激におこる事は当然なく、交通事故などで大きな外力が加わらない限り、あくまでも日々の生活習慣によって徐々に徐々におこっていくものです。     そこで、「知っておいて損はない体の基礎知識」がありますのでお伝えいたします。     【関節を安定させる関節包(かんせつほう)や靭帯(じんたい)は、靴下のゴムヒモ】     関節を袋状に包んでいる関節包(かんせつほう)や靭帯(じんたい)は、関節を安定させる為の大切な要素です。 関節包や靭帯は、捻挫などのケガで損傷したり、長期的に伸ばされる力(同じ姿勢=長時間座る、長期的に同一方向への動きを繰り返す=スポーツで同じ動きを繰り返す)が過度に加わり続けて緩んだりすると元の状態には戻りません。 くつ下のゴムヒモも、一度伸びきってしまうと元の状態に戻りませんが、それと同じです。   高齢女性の中には歩いている時に外側スラスト(専門用語)といって、足をつくたびにO脚方向にヒザがぐねぐね動く方がいらっしゃいます。これは首・骨盤・股関節など全身の関節を一定の方向で使い続けた結果、その力が加わる関節包や靭帯の一部が緩む事でおきます。(筋肉の機能不全も同時におきています→上手く動かせない筋肉があるという事)     症状がひどい方は、痛みの改善はできても、見た目の改善が難しいのが現状です。(過度に緩んでしまった関節包や靭帯を、筋肉の動きだけでカバーする事が難しい為)   ※外側スラストが気になる方は、ユーチューブで検索して頂ければ動画がでてきます。     【30・40代の方にお伝えします】 将来的に、「見た目+機能的な体を維持したい」という方は、これらの事が起こる前に対処する事が大切です。 具体的には、 ・自身の関節の状態を知っておく事 (学生時代、運動をしてケガ(捻挫・腰痛など)をした事がある方は関節の動きが悪くなったままの方もおられます。) ・運動習慣をみにつける (運動習慣がないと一定のパターンでしか動きがない為、上記のような関節変形のリスクとなります) ・硬くなった筋肉・筋膜は専門的にしっかりと緩める (当サロンの筋肉・筋膜リリースの施術をご利用下さい) ・使えていない筋肉のエクササイズを行う (当サロンでは、お客様に必要なエクササイズをお教えいたします)   関節の動き・変形・痛みが少しでも気になる方はお早目にご相談ください(^^)/   トータルボディサポート EBM 住所 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6-21-8白井ビル1F TEL 096-366-9555 当院Facebookはこちら…